本田圭佑のNHK『プロフェッショナル仕事の流儀』のコメントの酷さ

2018年5月14日放送のNHK『プロフェッショナル仕事の流儀』の中での本田のコメントは酷過ぎた。代表選手としての意識レベルや試合中に独断で戦術と正反対のプレーをする問題。しかし縦への早いサッカーの努力もする矛盾等を考察。

驚きの本田のコメント

「自分を貫いた自分に誇りを持っている」

本田圭佑のコメントには驚いた。

「悔いはないです。ハリルのやるサッカーに全て服従して選ばれていく。そのことのほうが僕は恥ずかしいと思っているので」

2018年5月14日放送のNHK『プロフェッショナル仕事の流儀』の中での本田のコメントである。

アマチュアチームの選手にはよくあるコメントだが、プロの選手しかも日本代表クラスの選手がこのようなコメントをするとは。

代表チーム選手の意識レベル

ウクライナ戦を戦術的に見ると、チームの中に縦に早いサッカーをしようとする選手と、本田を起点に時間をかけてサイドを替えてパスをつなぐサッカーをしようとした選手がいたわけである。

この試合をライブで見た時はハリルホジッチ監督の指示で本田が起点となってあのようなプレーをしたのかと思っていたが。

一部の選手が監督の戦術の正反対をやってチームは混乱した。

国の代表レベルでこんなに選手意識がアマチュアレベルの試合が観れたなんて貴重だった。

日本代表の試合で今後観る事はできないだろう、と強く望む。

試合中選手が戦術に独断

試合中監督の戦術がうまくいかない時はある。

試合中に監督の「戦術がうまくいかない」と選手が監督と話したりしても、監督はうまくいっていると判断したりして、選手と監督の判断の違いもあるし、うまくいっていないから監督が次の指示を与える時もある。

選手間でもうまくいっていると判断する選手もいるし、そうでないと判断する選手もいる。

うまくいってないと判断した一人の選手が、残り10人の選手に合意を得ず、自分だけが正反対のプレーをするなど、低い思考レベルである。

11人の選手が一人一人自分の判断で、つまり11種類の違う考え方でプレーしてしまったら、サッカーにはならない。

これが正に「チームがバラバラ」と言うのである。

本田のような考え方の選手が11人集まったらどうなるのか。

監督のチーム戦術を無視して11人が試合の中で「自分を貫いた」プレーをしたら、一人はドリブルし、一人はロングボールを蹴り、一人はショートパスをつなごうとし。

当然チームプレーはできない。

特権選手のチーム

では本田がチーム内にいる場合、本田だけがこのような考え方のプレーが許されて、他の選手はそれをカバーするような動きをしなくてはならなくなるのか。

本田だけ特権が与えられるのか。

そうならサッカー日本代表ではなく、チーム本田にでもチーム名を変えればいいのでは。

レアルマドリードのクリスティアーノ・ロナウドやバルセロナのメッシは特権を与えられているように見える選手である。

得点王、バロンドールなど、誰もが納得の実績がある。

しかしレアルマドリードにしても、バルセロナにしても、それを監督が戦術として指示しているのである。

クリスティアーノ・ロナウドやメッシが試合中勝手にやっているのではない。

欧州での実績があまりない本田と彼らを比較できる共通部分は大企業のスポンサーがついているという事くらいか。

メキシコでの本田の迷いか

前述の番組を観ると本田はそのコメントとは正反対の事も行っている。

番組の中で本田がメキシコで、代表に選ばれるための努力をしているシーンが映し出された。

パスを選択するところでもメキシコリーグの選手を4-5人ドリブル突破でごぼう抜きし、ゴールを決めた。

日本代表の中ででも日本人選手の誰がこの様なプレーができるだろうかと思う凄いプレーだ。

本田はやはりロシアワールドカップで選ばれるべき実力だと思う。

しかしこの様なプレーはハリルホジッチ監督の戦術に「服従」するようなプレーである。

それでもワールドカップに出る為に、日本代表に選ばれる為にアピールしていた。

ハリルホジッチ監督の戦術に対する努力をする為に、縦へのドリブルの練習をしながら、ハリルホジッチ監督の戦術に従う事を「恥」という。

支離滅裂だが、選手としてはベテランでも社会人としてはまだ若い本田に、人として「迷い」があったのかもしれない。

本田のコメントの酷さ

日本代表に選ばれるためにはハリルの戦術に「服従」したサッカーをしなければならない、しかし自分はパスサッカーをしたいし、それが正しい日本のサッカーだ。

縦に早いサッカーで努力をしてみたが年齢的なものもあって自分が納得できる俊敏な動きはできない。

それで「自分を貫いた自分に誇りを持っている」というコメントになったのではないだろうか。

自分が納得できる縦に早いサッカーができず、2018年3月のウクライナ戦ではハリルホジッチ監督に逆らって遅いサッカーをし、そのプレーを正当化し、監督の戦術を実行している選手達もいるのに、監督の戦術を実行する事を「服従」「恥」などと、まるで罵る様にコメントするなど、あまりにもひどい。

本田が日本代表に選ばれたら、ハリルホジッチ監督の戦術を実行しようと努力してきた選手達とチーム内で対立してしまうのではないか。

ロシアワールドカップはチームとして戦えるのか。

ハリルホジッチ監督解任は本田に失礼

2018年4月9日まるで本田を日本代表に選ばせる為のようにハリルホジッチ監督は解任が発表された。

サイト内参考URL:ハリルホジッチ監督解任

誰もがよくわからない理由で。

もし田嶋会長がテレビ視聴率やスポンサー企業の事を忖度していて、本田は代表から外されると確信したとしたら。

だから田嶋会長は行動に移したのかもしれない。

もしそうだとしたら欧州のオファーを蹴って、身体能力を上げる為メキシコのCFパチューカを選び、自分を追い込んでハリルホジッチ監督の求めるサッカーをしようとしていた本田に対して失礼である。

「闇」の中の人々

田嶋会長が盾のようになってその陰にいると言われている、「闇」の中人々にとって、本田の努力やサッカー選手の事など、どうでもいいものなのだろうか。

企業は利益を上げる事が重要で、その為に「さまざま」な事をするのは当たり前である。

いつまでも「闇」の中にいるのではなく、表に出てきて、サッカーファンの理解や支持を得ながら、サッカー界を支援していってほしい。

日本のサッカーの未来

この番組で一番印象に残ったのは本田の事よりも西野監督就任の会見のVTRで、これから「前進」しようとしているはずの、日本代表監督本人の困惑したような顔である。

日本のサッカーが「パスをつなぐサッカー」でもいい。

西野監督でロシアワールドカップ予選突破出来たら今後も日本人監督で行くのもいいし、外国人監督でもいい。

しかし今回のやり方はあまりにも酷過ぎる。

これから育とうとするジュニア・ユース世代の選手たちにも大きな影響を与えるのではないか。

ロシアワールドカップで本田や香川が代表引退したら、日本サッカー協会とスポンサー企業のあり方を改革してほしい。

それまでサッカーファンが離れていかない事を望む。

次の記事を書くチカラになりますので、1つづつ3つの応援よろしくお願いします。

ご覧いただいてありがとうございます。

関連情報