ロシアW杯では守備崩壊し攻撃時間は長くなる

選ばれた23人の構成と西野ジャパンのガーナとの戦い方を観るとロシアワールドカップで守備は崩壊する。リードされれば相手は手堅く守ってくるので攻撃時間は長くなる。これによる悪影響と考察する。

守備は崩壊するだろう

攻撃はサイドを広く使うパスサッカーにする事で息を吹き返す。

しかし守備はどうか。
攻撃型の選手ではもともと守備が得意ではないという選手が選ばれている。

例えば本田と宇佐美と香川が同時に起用されたらフィールドの守備は7人で負担しなければならない。

ハリルジャパンの時は守備をしなければ出場できなかったので、拙いまでも本田、宇佐美、香川も守備をしていた。
しかしどうしても攻撃の天才系の選手の守備に入る時の切り替えの動きは一歩遅い。

そしてベテランになってくると一歩の足の出るは反応も遅い。

本田とケガ明けの香川はその二つを兼ね備えてしまっている。

ワールドクラスの代表チームを相手にするとその一歩が致命的になる。

失点を覚悟して攻撃面重視で戦う事になる。

予想される試合の印象

ガーナ戦でも観られたように先制されて相手が引いてくれたらパスサッカーで攻撃して、点を取るまで攻撃ができるので攻撃時間は増える。

点が取れて同点になったらまた相手が攻めてきて、一歩遅れる守備で又リードされ、又長い攻撃時間が続き、同点にできたら相手が攻撃に出てまた失点してリードされる。
こんな展開が予想される。

テレビ的

それはテレビ的に盛り上がる良い試合になる。

負けているが日本が攻めている時間が長く、もう少しで点が入る、と期待しドキドキしながら観ていられる。
「1%でも2%でも」視聴率は上がる。

先制して勝っていても守備的に戦っていたらテレビ的には良くない。

しかしだからと言ってこんな理由で代表チームの監督を解任する国はないだろう、と思いたい。

そして結果はダメだったが長時間パスサッカーで攻めていて、ボール支配率も高かったので、将来に可能性を感じる大会だったと、テレビに出演している人たちは言うのか。

サッカー協会への心配

代表会見の冒頭で田嶋会長はファンの支持よりも先にスポンサー企業であるオフィシャルパートナーのキリングループ、オフィシャルサプライヤーのアディダスジャパン、サポーティングカンパニー各社の皆様方の支援に対しての謝意を述べた。

日本サッカー発展の為現実的にお金は必要なのだからスポンサーは絶対大事である。

しかし、会見でのこの謝意の順番は深い意図なくたまたまだったと思いたいが、ハリルホジッチ解任から始まったこの一連の流れの中で、サッカーファンは軽視されているように思える。

このまま会長個人が独断でサッカー界全体の方針を決めてしまえる様なサッカー協会の規約で良いのかと心配する。

2016年に民主的な選挙を取り入れてしまったが為に、保たれていた派閥間のパワーバランスが崩れ、報復人事で人材を失い、多くのファンが理解できない独断をしてしまう。

2017年12月にハリルホジッチ監督を解任しなかった政治的考察と協会内派閥

こんなサッカー協会は次の2020年の会長選挙までにしてほしい。

しっかりグループされた委員会などで話し合われ、その結果代表監督を解任したり、サッカー界の方針が決まったりするような協会になってほしい。

ハリルホジッチの間違ったミカタ

6月2日10時50分頃朝日テレビ系列の番組でタレントの武田修宏氏がハリルホジッチの戦術を「中盤でつながず縦に蹴るサッカー」と言っていたが、ハリルホジッチのサッカーは相手チームを緻密に分析して、その相手に対して臨機応変に戦い方を変化させて勝つというサッカーだ。

2017年8月31日ロシアワールドカップ最終予選のオーストラリアとの試合で「ビッグ3」を起用せず2-0と勝利し、見事にその実力を見せてくれた。

だから練習試合の位置付けの試合で相手チームを緻密に分析する事はないし、選手の見極めを目的としていた3月のマリ戦やウクライナ戦で結果が出なくても、へんてこな戦い方になったとしても不思議ではない。

ハリルホジッチの解任へとつながった致命的な原因は選手をうまく懐柔できなかった事。
特にスポンサーの力を持っている選手達の。

しかしこれは今の日本社会では最も重要視しなければならない事だ。
そういう意味では純粋にサッカーの事を考え、優れた戦術眼を持つハリルホジッチは、日本では能力の低い監督と言えるのかもしれない。

次の記事を書くチカラになりますので、1つづつ3つの応援よろしくお願いします。

ご覧いただいてありがとうございます。