西野監督の時間稼ぎのパス回しは行動規範に違反

西野監督のポーランド戦の時間稼ぎはFIFAや日本サッカー協会の行動規範に違反しているのではないのか。そんな記事が朝日新聞から出た。「JFAサッカー行動規範」を詳しく調べて今回の件を再考察した。

行動規範に違反

日本サッカー協会に「JFAサッカー行動規範」なるものが存在する事を知らなかった。

これはFIFAにも似たようなものがあるらしい、というかFIFAの行動規範に手を加えたものを日本サッカー協会が「JFAサッカー行動規範」として公開しているのだろう。

このサイトで時間稼ぎのパス回しが駄目な基準がないと書いた。

サイト内リンク:ポーランド戦の終盤の時間稼ぎのパス回し問題 | サッカー日本代表考察

「JFAサッカー行動規範」はその基準となるものだった。

サッカー行動規範に違反

朝日新聞にこんな記事が出ていた。

外部参考サイト:「規範」守らぬ西野監督 世界のサッカーを敵に回した – 2018ワールドカップ:朝日新聞デジタル

記事を要約すると、西野監督は試合終盤に敗戦を認めたのだから試合に対して最善を尽くしたという事にはならない、日本サッカー協会やFIFAのサイトには、どんな状況でも勝利の為、最後まで全力を尽くしてプレーすると明記してある、と書かれている。

日本サッカー協会のサイトを調べてみると確かに書かれている。

FIFAの方は英語なのでよくわからないが、同じような内容が掲載されているらしい。

外部参考サイト:FIFA Fair Play – FIFA Grassroots

サッカーファミリー

「JFAサッカー行動規範」について書かれているページは「サッカーファミリー」というタイトルのページである。

外部参考サイト:リスペクト|サッカーファミリー|JFA|日本サッカー協会

その中の「リスペクト」というタイトルの中に「フェアで強い日本を目指す」と書かれている。

日本サッカー協会の「フェア」に対する考え方は、

リスペクトの本質を、常に全力を尽くしてプレーすること、そしてそれはフェアプレーの原点であるととらえています。
リスペクト|サッカーファミリー|JFA|日本サッカー協会より引用

と書かれている。

この文章だけなら、全力を尽くすというのは必ず点を取りに行くという事と同じではない。

無理に解釈すると、全力で時間稼ぎをするという考え方もできる。

しかし後に出てくる文章では、「全力で時間稼ぎをする」というのは明らかに違反となる。

「サポーター」を「大切に思うこと」

仲間、対戦相手、審判、指導者、用具、施設、保護者、大会関係者、サポーター、競技規則、サッカーというゲームの精神、それらサッカーを取り巻くあらゆるいろいろな関係の中でとらえていきたいと考え、「大切に思うこと」としました。
リスペクト|サッカーファミリー|JFA|日本サッカー協会より引用

とも書かれている。

西野監督の時間稼ぎはこの中の「サポーター」を「大切に思うこと」、つまりスタジアムに観に来てくれているサポーターに対して大切に思う事になっていたのか。

このサイトでも観客に対して「前後半で日本選手たちがあれだけ戦った姿を観れて、試合終盤10分間くらいのパス回しをみせられて、そんなに不満な事なのか。」と書いたが、日本サッカー協会がこのように明確に定めているのなら話は変わってくる。

つまり西野監督は日本サッカー協会が定めている事を守らず、サポーターである観客を「大切に思うこと」と感じさせない、大切に思われていないと思われても仕方のないプレーを指示した。

それがブーイングの嵐となってかえってきた。

JFAサッカー行動規範

問題の「JFAサッカー行動規範」は、「サッカーファミリー」というページの中のタイトル「リスペクト」の中に位置づけられている。

1.最善の努力・どんな状況でも、勝利のため、またひとつのゴールのために、最後まで全力を尽してプレーする。
リスペクト|サッカーファミリー|JFA|日本サッカー協会より引用

とそこに書かれている。

「どんな状況であれ」と書かれているので、ロシアワールドカップのグループステージ通過がかかっている状況も「どんな状況」に含まれる。

「勝利のため、また一つのゴールのために、最後まで全力を尽してプレーする。」と書いてあるので、試合終了10分前に負けを認めるのはこれに違反しているし、得点を取りに行くことを監督の指示で行わなかった事は違反している。

西野監督はすべて認める

例えば西野監督が攻撃しているようなそぶりをして守っていたらこんな問題にはならなかった。

そうすれば、攻めていたけど点が入らなかったと言える。

しかし明らかに勝利する事を放棄してしまった上に、試合後の会見でこんなコメントをしている。

外部参考サイト:西野監督「不本意な選択だった」(スポーツナビ) – ロシアワールドカップ特集 – スポーツナビ

時間を刻む中で、「このままでいい」ということを伝えた。そういうメッセージがあって、チームは動けない状況。長谷部の投入というメッセージで、このままキープでいく。0−2にはさせない。ポーランドも、アグレッシブに追加点(を取る)という形でもなかった。時間が刻まれていく中で、その選択をした。長谷部の投入が、すべてのメッセージであったことは間違いないです。

西野監督は試合後の会見で「JFAサッカー行動規範」に違反する指示を出した事を完全に認めてしまっている。

監督の一瞬の判断

サッカーの監督はいつも一瞬の判断を要求される。

交替などが30秒遅れるだけで失点したりして、展開や戦い方が大きく変わる。

数十秒の戸惑いで全てを失う事も多い。

西野監督ほどの優れた監督なら、それを知っていて、そんな修羅場を何度もくぐってきている。

だからこそポーランド戦終盤で間違った決断をしてしまったのだろう。

日本の失敗を恐れる文化

やはりそれは日本人特有の「失敗する事への恐怖」だったのだろう。

失敗しないように心がけるのは色々な所でよい結果をもたらす。

日本人の素晴らしい文化の様なものだ。

しかしサッカーではどうなのかといつも思う。

パスでトライして失敗しても次に守備をすればいいだけで、パスを失敗する事は実はそれほど致命的ではないのだ。

しかしその状況判断に失敗する材料ばかりが瞬間的に重なり合って頭をよぎってしまい、その局面での失敗を恐れて、安全な方法を選択してしまう。

瞬間の判断で間違ってしまう事は多々ある。

本音と建て前

サイトに書かれているリスペクトや行動規範は日本人特有の本音と建前か。

時間稼ぎというプレーを認めながら、建前ではそれを否定するリスペクトやフェアプレーを、サイトに堂々と掲載し主張する。

田嶋会長は「予選突破が最大目的だったし、ああいうサッカーが出来るようになったのは凄いことだと思う。」とコメントしてしまっている。

サイト内リンク:ポーランド戦の終盤の時間稼ぎのパス回し問題 | サッカー日本代表考察>協会の反応

負けているのに時間稼ぎ、つまり「JFAサッカー行動規範」に違反する行為を「凄いこと」と絶賛してしまっている。

それは日本の内閣総理大臣が憲法の前文なんか守らないで良いと言っているようなものではないのか、警察庁長官が法律なんか守らないで良いと言っているようなものではないのか。

この件について田嶋会長のコメントを聞きたい。

世界のサッカー

ウルグアイとポルトガルの決勝トーナメント1回戦を観たが、62分に1点リードしたウルグアイは時間稼ぎをするようなプレーはなかった。

人数はかけなかったものの、カウンターでしっかり攻めていた。

ウルグアイは日本サッカー協会が掲げるリスペクトやフェアプレーに従ってプレーしている。

だから世界のメディアは日本を批判したのか。

日本の時間稼ぎのプレーは世界のサッカーが努力して観客を魅了するサッカーを作ってきたのに、それに逆行するような事だったから、許せなかったのかもしれない。

ウルグアイやフランスがリードした中でもカウンターで点を取りに行くようなサッカーをする中、時間稼ぎをするのが日本のサッカーという事が世界中に伝わってしまって、それでいいのだろうか。

日本のサッカーは勝てば官軍なのか、世界に対してそれでいいのだろうか。

応援する

これ以上日本のサッカーを貶めるような事を見過ごさないでほしい。

今の所日本は勝ち進んでいるのだから黙っていろ、等と言う考え方でいいのだろうか。

ハリルホジッチ解任に対しもよくわからない理由しかなく、今回の件もこのままうやむやになるのだろう。

監督として瞬間的に判断してしまった西野監督を責める事はできない。

会見の中でも西野監督は「不本意」と明らかに苦渋の色を浮かべていた。

しかし「JFAサッカー行動規範」違反した行為に対して、日本サッカー協会会長が「凄いこと」と発言するのは大問題ではないのか。

今後田嶋会長は「JFAサッカー行動規範」違反者や違反チームに対してどういった対処をするつもりだろうか。

どんな状況であっても、済んだことはあまり関係ないようで、田嶋会長が言う合言葉は「前に進む」だ。

次の記事を書くチカラになりますので、1つづつ3つの応援よろしくお願いします。

ご覧いただいてありがとうございます。