西野ジャパンとボトムアップ理論と日本人的文化と役割

選手が話し合ってチームを作っていくなどあり得るのか。広島皆実高校サッカー部の「ボトムアップ理論」は選手が話し合ってチームを作って実績を上げている。しかしあと2試合の練習試合を残した現状で戦い方が固まる事は考えにくい。だとすれば現状この調整を続ける西野ジャパンの真の目的は何かを考察する。

選手が話し合って決めていくチーム

選手の話し合いで代表チームを作っていくというのはどうなのだろう。
このロシアワールドカップでの緊急処置なのだろうか。

もしこのやり方で今後も日本代表のチーム作りをやっていくようなら、調子を崩して代表に呼ばれなくなってメンバーが変わったらどうするのだろうか。

試合中の小さな局面は少人数の話し合いで変えられるが、チーム全体の戦術も選手たちと監督陣との話し合いで変えるのだろうか。

その為の日本人監督なのだろうか。

クラブチームとの違い

クラブチームなら活動は一年単位でほぼ同じメンバーで戦う。
その場合は選手同士で話し合いながらチームを作っていく事は可能だ。

しかし代表チームは監督による招集制で、その都度選手は変わる。

選手が話し合って決めていくやり方だと招集される選手が変わる毎に戦術が変わる事になる。

せっかく話し合いで決めた戦術を継続させるには、調子を崩して所属チームで出場機会がなくなった選手でも、同じ選手を選ばなくてはならなくなる。

それはザックジャパン時の負の遺産で、同じ選手ばかりが選ばれて、その中の一部の選手がスポンサー等の色々な力を持ってしまい、代表に選ばれ続ける事で若手が選ばれず、代表経験が不足し、若手にスポンサーもつかず、日本サッカーは弱くなって行く。

戦術が変わることの利点

しかし戦術が変わることには大きな利点がある。

選手同士で話し合って戦術を決めていければ選ばれる選手によって戦術は変わる。

それは相手が事前の準備をしにくい事にもなる。

色々な選手が選ばれるので、日本サッカーの底上げにもなる。

前から考えていたことだが、アジア予選と本番のワールドカップでの戦い方を変えられればより強いチームになる。

例えばアジア予選はパスを回して戦って、ワールドカップの本番では、日本が世界の上位と戦える力がつくまで、守備的に戦う、とか。

定めないフォーメーション

今も西野監督はフォーメーションを定めず、色々なフォーメーションを試している。

ここまでの西野ジャパンを観ていると、3バックで行くのか、4バックで行くのか、定まらないのではなく、定めない戦術のようだ。

そして武田氏が語っていたように西野監督が選手と一緒になって戦術を決めていくチームのようだ。

サイト内リンク:ラモス氏、武田氏、北澤氏、福田氏の立ち位置とコメント

広島皆実(みなみ)高校ボトムアップ理論

高校サッカーでも選手が話し合って戦術を決めたり、メンバーを決めたりするチームがある。
広島県立広島皆実高校だ。

2014と2015年全国総体全国大会で準々決勝進出と好成績も収めている。

広島皆実高校で出来上がったのが「ボトムアップ理論」だ。

選手達が考えて、選手達がチームを作っていくのだそうである。

代表チームと高校チームを比べてはいけないが、チームを運営する基本的な考え方は比較してもいいのかもしれない。

日本人の文化と団体球技

日本人は文化的に考えると自由な話し合い等はありえない。

日本人に自分の意見を主張する文化はなく、多くの人は個々の力関係を忖度しながら、その場の雰囲気を壊さない様に話しを合わせる。
年功序列で意見が通ったりする。

自分の主張を内に秘めて我慢したあげく、打開する為の方法を選択するのではなく、例えば強く命令する監督を奇襲攻撃の様に解任に追いやったりする。

つまり力のある者を主流派として、それに従えなければ、主流派が主導して、その選手を呼ばなくなるのではないか。
例えば会長にメールして今度は選手を変えてしまうかもしれない。

そんな日本人的な話し合いサッカーで強いチームができるのだろうか。

だからこそ野球やサッカー等の団体球技スポーツには監督の統率力と統一した戦術が必要なのではないか。
ちなみに野球で例えばバントを「自分たちの」野球じゃない、と「部活」以下の様に嫌がるプロ野球選手を観たことがない。

ハリルホジッチは一方通行なのか

今日も、西野ジャパンは選手の話をよく聞いてくれて、ハリルホジッチは話を聞かない一方通行と言う批判的な記事を観た。
ハリルホジッチは一方通行でなかったのではないか。

ハリルホジッチの「日本は世界では守備的に戦わないと勝てないレベル」という考え方と、パスサッカーがベースにある日本人選手の考え方では意見が合わなかったのではないか。

日本人はパスサッカーで世界で通用すると言う考え方と世界では通用しないと言うハリルホジッチの考え方が合わなかったのではないか。

ハリルホジッチと日本の選手の会話は噛み合わない。
噛み合わないと最終決定権を持つ監督のハリルホジッチが「一方通行」だと批判する。

自分達の意見が通らないことを「一方通行」というのはあまりにも一方的すぎる。
話し合いを拒否して従えというのなら事ならば「一方通行」と表現できるが、ハリルホジッチは選手と積極的に話はしていた。

それに意見を言ったら代表に呼ばないから独裁的などとする記事も、監督と意見が違い、監督の戦術に沿ったプレーをしないなら、代表に呼ばれないのは当たり前である。

本来チームの戦術を決める決定権は監督にあるはすだ。
にもかかわらす日本のマスコミの一部は「一方通行」と批判的に表現する。

まあ選手に付いているスポンサーとの関係性を忖度するのも仕事なのだろう。
彼らは彼らの仕事をしているだけなのだろう。

西野ジャパンの本当の役割

西野監督は6/8のスイス代表と6/12のパラグアイ代表との試合も、全ての選手を出場させてフォーメーションを試すというコメントをしている。

残り2試合しか調整できない現状で、全ての選手を試すのは本番の試合に向けて良い事かもわからないが、色々なフォーメーションを試すというのは、本番でうまくはまればいいが、全てが中途半端になる可能性が高い。

代表チームでは招集されて選手が集まるので一つ戦術を完成させるだけでも難しい。

あと2試合で色々なフォーメーションの戦い方を完成させて、日本よりも数段レベルの高い相手と戦う事等できないとみるのが妥当だろう。

だとすればなぜこれを試しているのか。
このロシアワールドカップを勝つ事ではなく、次の森保体制につなげる為のものなのかもしれない。

ハリルホジッチを本番2か月前に解任してしまった時点で、それが役割としてあったのかもしれない。。

次の記事を書くチカラになりますので、1つづつ3つの応援よろしくお願いします。

ご覧いただいてありがとうございます。