ロシアワールドカップへ5月30日ガーナ戦の日本代表メンバー27名発表

西野ジャパン初戦のガーナ戦の日本代表メンバー27名が発表された。ビッグ3を筆頭に30歳以上の選手が8名も選ばれた。ワールドカップ経験のある選手と経験のない監督とコーチ。予想される戦術とその影響を考察する。

日本代表メンバー27名

ロシアワールドカップに向けて5月30日に行われる西野朗監督率いる西野ジャパン最初の試合、「キリンチャレンジカップ2018」日産スタジアム5月30日のガーナ戦のメンバー27人が5月18日13時に発表された。


GK
川島永嗣(FCメス/フランス)
東口順昭(ガンバ大阪)
中村航輔(柏レイソル)
DF
長友佑都(ガラタサライSK/トルコ)
槙野智章(浦和レッズ)
吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
酒井宏樹(オリンピック・マルセイユ/フランス)
酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)
昌子源(鹿島アントラーズ)
遠藤航(浦和レッズ)
植田直通(鹿島アントラーズ)
MF
長谷部誠(アイントラハト・フランクフルト/ドイツ)
青山敏弘(サンフレッチェ広島)
本田圭佑(CFパチューカ/メキシコ)
乾貴士(SDエイバル/スペイン)
香川真司(ボルシア・ドルトムント/ドイツ)
山口蛍(セレッソ大阪)
原口元気(フォルトゥナ・デュッセルドルフ/ドイツ)
宇佐美貴史(フォルトゥナ・デュッセルドルフ/ドイツ)
柴崎岳(ヘタフェCF/スペイン)
大島僚太(川崎フロンターレ)
三竿健斗(鹿島アントラーズ)
井手口陽介(クルトゥラル・レオネサ/スペイン)
FW
岡崎慎司(レスター・シティー/イングランド)
大迫勇也(ベルダー・ブレーメン/ドイツ)
武藤嘉紀(1.FSVマインツ05/ドイツ)
浅野拓磨(VfBシュツットガルト/ドイツ)

ワールドカップを経験済みの選手と未経験の監督と主要コーチ

ワールドカップを経験している選手としていない監督と主要コーチ。

コンディショニングコーチの早川直樹氏は唯一ブラジルワールドカップもコンディショニングコーチとして経験している。

ちなみに早川氏の出身は東日本JR古河サッカークラブ。

これではワールドカップを経験している選手に主導権があるのではないか。

ワールドカップを2回経験している本田が先頭に立って、前回ブラジルワールドカップを経験しているメンバーがチームを引っ張るという形のチームになってしまうのか。

コーチ陣の中にドイツ・南アフリカ・ブラジルワールドカップで分析コーチを務め経験している東京2020オリンピック日本代表コーチの和田一郎氏の名前がないのも不思議だ。
外部参考URL:和田一郎 (サッカー指導者) – Wikipedia

西野ジャパンの戦術

ロシアワールドカップへはパスをつなぐサッカーでむかうのではないか。

今回西野監督が選んだ攻撃型の選手はザッケローニの「正の遺産」であるパスワークを好む選手が多く見受けられる。

本田、香川を筆頭に岡崎、長谷部、長友、乾、宇佐美、井手口らは遅い攻撃のパスワークを望んでいるように観える選手である。

大迫はパスサッカーを好んでいるかどうかはよくわからないが、ザックジャパンのブラジルワールドカップでも2試合先発出場している。

山口も同様に3試合出場、守備に徹しているが、パスサッカーで機能するだろう。

そして田嶋会長はそれが日本らしいサッカーだと思っているように見受けられる。

何よりも守備的なサッカーをすれば何のためにハリルホジッチ前監督が解任されたかわからない。

守備的サッカーを予告してしまうと試合のテレビ放送を観る人も少なくなってしまうだろう。

ハリルホジッチ前監督はパスサッカーをしなかったから一部選手達や「さまざま」の信頼を失って解任されたのだから。

失点が増える

最終ラインは守備の負担が大きくなり、失点は多くなるのではないか。

ハリルホジッチ前監督の時は前線からの守備を要求していた分、最終ラインは楽を出来た。

つまりザックジャパンの時の様に中盤の守備の選手と最終ラインだけで守るという事に対して、ハリルホジッチ前監督で起用されてきた守備型の選手はその能力が落ちてしまっている。

パスサッカーをすれば攻撃型の選手が前線からの守備よりも、守備型の選手が奪ってくれたボールを、攻撃にとってより良い位置でもらおうとする動きに変わり、前線からの守備は期待できなくなる。

そうなると攻めてくる敵の数と守る意識を持つ日本の守備の数とのバランスが取れなくなる。

今のハリルホジッチ前監督の前線からの守備で楽をしてきた日本の最終ラインでは敵の攻撃を受けきれない。

西野ジャパンがパスサッカーをするとしてロシアワールドカップまで10試合くらい練習試合があるのだとすれば、最終ラインが前線からの守備がなくても慣れる事ができるだろう。

ハリルホジッチ監督解任のタイミングは遅すぎた。

得点を取る事はできてもそれ以上の失点をする事になるだろう。

攻撃に対する勇気

攻撃型の選手たちはザックジャパンの繰り返しにはならないだろう。

ザックジャパンでは攻撃型の選手たちがパスは回すけれど、決定的なエリアに出すパスが出せなかった。

今でも覚えているが、当時テレビ解説だった岡田武史氏が「今の代表選手たちは海外でやっているからメンタルが強い。昔はオリジナルのVTRを作ってメンタル面を強くする努力をしたが、今の選手たちのその必要はないだろう。」と話していた。

しかし実際はその逆で、わかりやすく言えば、びびって決定的パスが出せなかった。

試合に負けても「試合のボール支配率は勝っていたのだから、試合内容では勝っていたのでは」等とマスコミで語っている人もいた。

しかしそれはザックジャパンの時の選手たちが誰よりも一番分かっている。

ザックジャパンのブラジルワールドカップでの無様な負け方を忘れている選手は1人もいないだろう。

一人一人がパスサッカーで戦う気持ちをどう持つべきかをこの4年間考えたはずだ。

ブラジルの時の様にリードされた後でも相手が無理に取りに来ないような日本の最終ラインやタッチライン際だけでパスを回すようなことはないだろう。

次の記事を書くチカラになりますので、1つづつ3つの応援よろしくお願いします。

ご覧いただいてありがとうございます。