ポーランド戦の終盤の時間稼ぎのパス回し問題

試合翌日も話題になっている西野監督の負けているのに時間稼ぎした問題。問題点は時間稼ぎの正当性にあるのではなく、その判断自体にある。その引き金になった先発6人変更の問題点やその情報漏洩について、そして西野ジャパンの限界も考察する。

西野監督の博打

ポーランド戦終盤に西野監督は博打を打った。

日本が負けているにもかかわらず、時間稼ぎのパス回しを行って、コロンビア1-0セネガルの逃げ切りに賭けた。

悔やまれるのは、同じ博打をするのなら、なぜ自分の選んだ選手たちを信じて点を取りに行く方の博打にしなかったのか。

メディアの過熱

世界のメディアはこれを批判した。
サイト内リンク:日本代表0-1ポーランド代表・終盤負けているのに時間稼ぎ | サッカー日本代表考察>世界の批判

やはり欧米はトライする人種のようだ。

自分たち以外の価値観は受け入れられないのか、失敗を恐れトライしない者を軽蔑し攻撃する。

他人の価値観を受け入れず攻撃するのは欧米に限らず、日本でも世界のどの国でも同じなのだが。

世界各国で西野監督の判断は批判にさらされている。

なぜ駄目なのか

サッカーの試合では勝っているチームが試合終盤相手のコーナーアーク付近等でボールをキープする光景は当たり前なのだが。

キープする時間が10分を越えた事に問題があるのか。

だとすれば何分からならいいのだろうか。

1点が予選通過を左右する試合で、1点を守る守備的なサッカーをするとやはり批判にさらされるのだろうか。

サッカーはどんな状況においても、常に攻撃しなくてはならないのだろうか。

日本はフェアプレーではないと批判している人がいるが、フェアプレーというのはどんな状況下においても、DFの数を減らし、必ず攻撃しなくてはならないという事なのか。

西野監督の時間稼ぎを批判する人は何を基準にして批判しているのだろう。

試合終盤の監督の判断の問題

西野監督が代表監督として問題なのはセネガルがコロンビアから得点できないと判断し、それにチームの命運を賭けた事だ。

これは間違いで、確率やデータ等で考えていい事でもない。

確率やデータで考えるなら、韓国が2-0でドイツに勝ったのだろうか。

韓国がドイツに勝てる事は、試合前の確率やデータでは難しかったのではないのか。

コロンビア戦で試合前の確率やデータで日本は有利だったのか。

試合開始すぐにPKを取って、相手選手が退場して、相手監督が咄嗟の交替采配をミスったから勝てたのではないのか。

サイト内リンク:日本代表2-1コロンビア代表 | サッカー日本代表考察

ロスタイムの得点

後半ロスタイムに入っての得点は、予選48試合の122得点中16点にも及ぶ。

外部参考サイト:後半ロスタイムに全体13%の16得点…手に汗握った1次リーグ : スポーツ報知

データで考えてもロスタイム5分程の間に負けているチームは全勢力をもって点を取りに行くのだから、セネガルが追いつく可能性は高ったわけだ。

サッカーの試合は終了するまで、何が起こるかわからないのだ。

コロンビアとセネガルの偵察もいる

これは芸人のワッキーがTBS系列の「ひるおび」に12時から出演していて言っていたのだが、コロンビアのスタッフも日本-ポーランドの試合会場で成り行きを見ていたはずで、日本は残り10分もあるのに時間稼ぎになって、それをコロンビア監督が知ったらコロンビアは同点でもいいという状況になったのではないのか、という趣旨の事をコメントしていた。

日本がコロンビアとセネガルの試合を偵察していてその情報を西野監督に伝えていたのだろうから、コロンビアやセネガルも同じことをしていると考えるのは当たり前だ。

残り10分もあったのに時間稼ぎに移行した時、西野監督はコロンビアやセネガルも偵察に来ているという事を考えなかったのか。

問題は時間稼ぎは正当か不当かではなく、それを選択した西野監督の間違った判断にある。

漏れた情報

ポーランド戦で先発選手6人の変更が事前に漏れてしまった事を長友や本田が問題にしている。

外部参考サイト:長友が報道陣に異例のお願い…“スタメン漏洩”に「残念だった」 | ゲキサカ

外部参考サイト:本田圭佑が日本メディアのやり方に苦言、「ズレてる。もうちょっと考えてください」 | ゲキサカ

二人とも日本のメディアが特ダネがほしいあまり日本代表チームの足を引っ張るようなことをしているという趣旨のものだ。

記者の皆さんにも家族があって、生活もあるのだから仕方ない。

批判はしてもいいが、相手チームに情報を与えるようなことはしてほしくない。

日本が勝てるように一緒に戦ってほしい。

という趣旨のコメントをしている。

先発6人変更の問題は別にある

ポーランド戦に先発6人を変更した事は、疲れている選手を出すより、走れる選手を出すという考え方から、試合前の監督の判断として問題ないと考えている。

Jリーグで歴代1位の270勝を上げた名将が、まだ決まっていもなかった決勝トーナメント進出に向けて、ベストメンバーを温存するという的外れな判断からではなかったと信じている。

変更した6人の選手が試合に勝てるプレーができるかどうか、結果論として、事前にそれを見極める能力が西野監督になかったという事にはなる。

それよりもその情報が日本メディアによってポーランドに伝えられてしまって、奇襲にならなかった事にも問題はある。

現に前半の日本の縦へのロングパスの攻撃は効果があった。

相手が日本の先発選手とフォーメーションに戸惑っていたら、得点できたかもしれない。

日本サッカー協会の情報管理能力にも問題はあるが、西野ジャパンはポーランドと日本のメディアと戦って負けたことになる。

西野ジャパンの限界

西野ジャパンに対する冷静な分析がなされている記事を見つけた。

外部参考サイト:露呈した限界。「乾、香川からのアドリブ」が西野ジャパンの戦術だった|サッカー代表|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

この記事には2か月しか準備期間の無かった西野ジャパンの攻撃は香川と乾のセレッソ大阪で築かれた連携から広げられて作られていて、チーム全体としてはとても危ういものだという趣旨の事が書かれている。

コロンビア戦とセネガル戦で勝ち点を取ってチームの良さばかりがクローズアップされた。

しかしポーランド戦で6人先発変更されて、西野ジャパン全体として結果だけでなく、内容もパスの連係や効果も出ていなかった事が実証されてしまった。

西野ジャパンはチーム全員が、勝ち点を取った2試合の内容のサッカーができるわけではなく、香川と乾がいなくてはあの2試合の内容はできないという事だ。

ポーランド戦で成功していれば選手層が広がり、戦い方も増えるのだが、失敗した。

それは同時に次の決勝トーナメント1回戦の相手のベルギーに、コロンビア戦とセネガル戦のメンバーしかないと伝えてしまった事にもなり、香川と乾のコンビネーションを徹底研究され、後半の本田投入の対策もされることになってしまう。

協会の反応

ハリルホジッチ解任時に田嶋会長を擁護してきた川渕三郎氏の西野監督を擁護するコメントがあった。

外部参考サイト:川淵三郎氏、西野監督のボール回し采配を称賛「本当に腹が据わっている」「名監督誕生!」 : スポーツ報知

田嶋会長も全面的に西野監督を応援しているようだ。

外部参考サイト:「西野さんは度胸ある」田嶋会長は大胆采配を称える「サッカーはこういうもの」― スポニチ Sponichi Annex サッカー

当然テレビ出演しているサッカー解説者の全員が西野監督を全面擁護している様で、批判的な事を言っている解説者はまだ見ていない。

ネットの情報も同じ。

ただ田嶋会長はスポンサーを大切に思っている人だから、ポーランド戦の時間稼ぎは内心怒っているのではないだろうか。

ついでだがそれも心配だ。

次の記事を書くチカラになりますので、1つづつ3つの応援よろしくお願いします。

ご覧いただいてありがとうございます。