ベルギー戦の試合後の西野監督の会見から考察

2018年7月3日ベルギー戦後の西野監督の会見から、勝ち切る準備があったのか、勝つ事への恐怖心、最後のカウンターについて等を考察。ロシアワールドカップでのベテラン選手の選抜やこれからの日本のサッカーにも言及。

リードした後の展開は想定していたのか

ベルギー戦後の西野監督の会見が行われた。

外部参考サイト:西野監督「あそこまで覆されるとは」/会見1 – 日本代表 : 日刊スポーツ

外部参考サイト:西野監督「やはり力が足りないなと」/会見2 – 日本代表 : 日刊スポーツ

「2-0になってメンバーをそのまま、3-0にというチャンスもありました。」とコメントしている。

確かにその通りで、3-0にするチャンスもあった。

2-0になったところで3点目を取りに行くのか、もっと突っ込んで言えば、後半始まってすぐの時間に1-0になったところでどうするのか。

選手や監督やコーチの意識の統一はなかったのではないのか。

コロンビア戦の反省点

グループリーグ第1戦のコロンビア戦でも1点リードして、ポゼッションせず、ボールを無意味に縦に入れる展開はまずかった。

リードした時こそ日本の得意のポゼッションサッカーをするべきだった。

にもかかわらず、ベルギー戦にリードした時の展開は考えなかったのか。

例えばコロンビア戦での反省を活かして、ボールをキープする事を最優先にポゼッションしながら、隙あらば追加点を狙う。

こんな話し合いはなかったのか。

強豪国に勝つ事への恐怖

長友の言葉がそれを表している。

外部参考サイト:敗退も胸張る長友「目指すサッカーはやり切った」 | ゲキサカ

相手のベルギー選手の事を「こいつら化け物か」と思ったらしい。

2-0でベルギーに勝っている日本の方が実は化け物のように強いのに、自分たちが強いという自覚が持てないから、勝っていること自体に恐怖してしまう。

勝っている状況を失いたくない恐怖。

負けてる時の強さと勝っている時の弱さ

日本選手は負けている時は必死で追いつこうとする、どんなに強い相手でも絶対にあきらめない強い心を持っている。

しかしこの試合で強い相手に勝っている時に、そのまま勝ち切る能力は持っていなかったようだ。

ベルギーから点を取る為の組織力を作る能力は持っていて、試合前に選手やスタッフで話し合って、現実にベルギーから2点をリードできた。

しかしその後の事は話し合われていなかったのだろう。

1点リードしたらどうするのか、そして2点リードしたらどうするのか。

そこにはベルギーに勝てるはずがないという、言葉には出さない潜在意識が西野ジャパン全員にあったのではないのか。

具体的対処例

本気で勝てると思っていて日本がリードしたら、日本の弱点でもあり、ベルギーの強みでもある、高さのパワープレーは安易に想定できたはずだ。

そしてそれを想定すれば試合中にスムーズに対処できたはずだ。

2失点目のシーンで間違っても長谷部をヘディングゴールを決めた194cmのフェライニと競り合わせたりしないだろう。

フェライニの投入に対して槙野、シャドリには山口を投入し、3バックで戦うという案も面白いのではないか。

外部参考サイト:日本守備網を4人抜きで切り裂いた「ナセル・シャドリ」って何者だ!? | サッカーダイジェストWeb

メディアが持つ情報でもシャドリの攻撃能力と速さの特徴はわかっていたのだから日本サッカー協会の分析能力としてシャドリの特徴はつかんでいたはずだ。

日本のリードも想定していたらフェライニとシャドリの投入で西野監督は即動く事が出来たはずだ。

残念だが、西野ジャパンはリードした後の勝ち切る想定をしていなかった事が考察できる。

ベルギーは最初から本気

「ミーティングでも本気のベルギーを引き出さなくてはいけないと話していた。」と西野監督はコメントしているが、ベルギーは最初から本気だったにきまっている。

本当に強いチームというのは相手が弱いからといってワールドカップの決勝トーナメントで本気を出さない事はない。

そんなチームが2016年9月6日にスペインに0-2でまけてから22試合負けなしで来れるはずがない。

その本気のベルギーから日本は2得点してリードした試合をしたのだ。

ベルギーがリードされて本気を出したから日本が負けたのではない、日本がリードした時の戦い方を想定していなかったから負けたのだ。

最後のカウンターについて

「延長も考えていました。スーパーカウンターを受けるとは、選手たちも予測はできなかったでしょうし。」とコメントしているが、結果論ではあるが、粘り強く戦うという事で、ロスタイムでは延長戦を選択してほしかった。

ただカウンターを選手が予測できなかったのは仕方ないとして、監督かコーチかスタッフの誰かはそれに気が付いかなければおかしい。

この辺りは西野監督が試合の現場から遠ざかっていて、準備期間2か月で監督復帰したことが災いしてしまったか。

しかし手倉森コーチや森保コーチは一言助言してもよかったのではないのか。

ベテラン選手の選抜

「選手は今シリーズ、前向きで、対ベルギーに対しても自信を持っている選手がいたので、選手は100%以上、戦ってくれた、パフォーマンスを出してくれた。」と西野監督はコメントしているが、この試合の2点リードはベテラン選手を多く選んだ結果が出たのではないかと思われる。

このサイトでも書いたが、ベテラン選手は各所属チームで彼らと対戦している。

サイト内リンク:西野ジャパンのベテラン選手の理由 | サッカー日本代表考察

だから選手たちは個々でもベルギー選手に対して自信を持っていたのだろう。

その選手たちを選んだのは西野監督だ。

リベンジ

西野監督はこの会見の終わりにロシアワールドカップの総括のようなコメントもしている。

今回の選手たちには4年前の選手たちにリベンジさせる狙いもあったようだ。

このサイトでその狙いも考察の一つとして書いた。

サイト内リンク:ロシアW杯23人は責任か仇を取らせる代表かを考察 | サッカー日本代表考察

2014ブラジルワールドカップのグループステージ第3戦、つまり日本にとって最終戦となったコロンビア戦に敗れ、ロシアワールドカップの第1戦が同じコロンビア戦だった。

ブラジルワールドカップに出場した選手たちを選んだ一因になっていたと考えられる。

日本のサッカー

会見の最後で「2-0というアドバンテージをもらってひっくり返されている。選手たちの非ではなく、ベンチワーク。」とコメントしている。

確かにそうだと思う。

しかしたった2か月で、経験を活かせるベテラン中心の戦い方を考え、彼らのブラジルワールドカップでのリベンジしたい強い気持ちが試合に出せるという事も加え、言葉ではハリルホジッチのサッカーを否定しているように見せ、ハリルホジッチの戦術とパスサッカーを融合させ、新しい日本の縦とポゼッションの攻撃とコースを切ってマークする守備の土台を作り、ベスト16まで勝ち上がった功績は見事というしかない。

メディアではコロンビア戦のラッキーや10人の相手に勝っただけであとは引き分けと2敗だった等と批評する人もいる。

確かに偶然かもしれない、しかし色々な偶然が重なりあってロシアワールドカップで強い日本のチームを観た。

西野ジャパンのサッカーが日本の目指すべきサッカーなのかもしれない。

西野監督には見事を通り越して恐ろしささえ感じる。

次の記事を書くチカラになりますので、1つづつ3つの応援よろしくお願いします。

ご覧いただいてありがとうございます。