ハリルホジッチ前監督に技術委員会は警鐘を気づかせる必要はなかったのか

西野前技術委員からハリルホジッチ前監督への解任の警鐘は本当にならされていたのか。警鐘はならされていたという意見に疑問を感じた。

解任への明確な警鐘

ハリルホジッチ前監督解任に事前の警鐘は鳴らされていたのか。

ハリルホジッチ前監督は当時の西野前技術委員から『不満をもらしている選手がいる。注意したほうがいい』と聞いたと2018年4月27日自身の会見で発言している。
当然西野前技術委員長はこの発言以外にもハリルホジッチ監督に警鐘を鳴らしていたのだろう。

しかしそれらが解任への警鐘だったという事は、ハリルホジッチ前監督の会見内容からはハリルホジッチ自身には伝わっていない。
ハリルホジッチ前監督がそのように受け取っていないのであれば、それは伝えたという事にならないのではないか。
伝わっていないのであれば、はっきり「解任の可能性がある」と言うべきではなかったのか。

文化の違い

相手に対して言葉を発すればいいというものではなく、きちんと伝わるように行動しなくてはならない。
特にハリルホジッチ前監督は日本人とは違う文化の海外の人である。
日本人のように都合のいい忖度などできない。

ハリルホジッチ前監督自身が解任についての危機は伝わっていないというのだから、それは技術委員会が伝えていなかった、つまり理解できるように伝える努力をしていなかったのだ。
技術委員会は代表監督にしっかり伝える事が仕事ではなかったのか。

もしあやふやに伝えたという既成事実を作って、突然解任する様な事をしたのであれば、あまりにも政治的でひどいやり方だし、何の為にそうする必要があったのか、ますますファンの疑問は深まるのではないか。

ハリルホジッチ前監督と強い絆を作っていた霜田元技術委員長の降格人事からの辞任は、この解任に大きな影響があったと言わざるを得ない。

招聘した外国人監督に対しての努力

ハリルホジッチ前監督は自分から日本にやってきたのではない。
元技術委員長の霜田氏に招聘されてきたのだ。

当然ハリルホジッチ前監督の方から日本の文化を理解する努力は必要だ。
しかしそれ以上に招聘した側の技術委員会がハリルホジッチ前監督に伝わるように伝えなくてはならないのではないか。

日本サッカー協会が招聘した外国人のハリルホジッチ前監督が『不満をもらしている選手がいる。注意したほうがいい』という西野前技術委員長の言葉で解任危機を悟らなければならなかったのか。

この様な何かを取り繕うような考え方には疑問を感じる。
それと同時にサッカー界が発展していく為にはその「取り繕い」も必要なのかと重い気分になる。

2016年会長選挙の影響

通常の会長続投・交替では起こらなかった日本サッカー協会内での原氏辞任、霜田氏辞任が、ハリルホジッチ監督解任まで知らず知らずのうちに影響してしまったのかもしれない。
会長選挙で負けてしまった側の日本代表チームに対する影響力は消えてしまった。

協会内での遺恨は大きくならなければよいのだが。

次の記事を書くチカラになりますので、1つづつ3つの応援よろしくお願いします。

ご覧いただいてありがとうございます。