日本代表2-3ベルギー代表は逆転負け

2018ロシアワールドカップ決勝トーナメント1回戦日本代表2-3ベルギー代表。2点を先制した日本。ベスト8進出も可能じゃないのかと思われた。攻める姿勢を貫いた試合だったが、最後は力尽きた。

試合前

試合前の大迫の顔にはちょっと緊張感があるか。

原口の顔にはリラックスが感じられる。

乾も同様にリラックスしているように見える。

大迫と香川以外はみんなリラックスしているように見えた。

香川もちょっと神経質な顔をしいるが、普段からそうか。

長友の顔は引き締まっている感じだ。

先発は予想通り1戦目2戦目と同じ。
FW大迫
MF乾 香川 原口
MF長谷部 柴崎
DF長友 昌子 吉田 酒井宏樹
GK川島

ベルギーも予想通り1戦目2戦目と10人が同じで、替わったのはセンターバックのコンパニだけだ。

解説の山本昌邦氏の予想は前半可能な限り失点を抑えて、後半体力勝負。

前半

試合開始日本は高い位置からベルギーにプレッシャーをかける。
プレッシャーと言ってもボールを取りに行くものではなく、前線の4人でコースを抑えに行く守備。

1分相手のクリアのこぼれ球をひらって香川シュート。

3分印象だけで見れば日本がいい形で試合に入っている。

6分日本のポゼッションサッカーがはまっている。
いい形でベルギーを揺さぶっている。
ここまでは香川の動きもとても良い

8分ベルギーがボールを持った時の日本の守備は、無理に取りに行くのではなく、コースを抑える守備だ。
ただしアザールがボールを持った時は2人でボールを奪いに行っている。

8分高い位置で乾が無理にボールを取りに行ったところから、うまくかわされちょっと危ない場面を作暗れた。

9分また日本がいい形を作る。

11分ここまでベルギーに良い形を作らせていない。
ボールも日本が支配している。
ただしベルギーも研究しているのか、日本はロングの縦パスを出すことはできない。

12分変なプレイが出た。
柴崎からの縦パスを乾は途中で追うのを諦めた。
オフサイドもかかっていたわけではないのに。

14分ここまでは日本の良いペースだ。
ポゼッションサッカーがしっかり出来ている。
ただ縦のロングパスは相変わらず通りにくい。

15分ベルギーの動きがぎこちないようにも見える。
予選リーグで見せていたベルギーの驚異のようなものは感じられない。
それは日本の組織的な守備がいいからなのかもしれない。

17分ベルギーCK(コーナーキック)を大迫が防ぐ。
大迫は守備にも攻撃にも素晴らしい。

20分徐々に日本は攻めが弱くなり、ベルギーのペースになっている。

22分日本は受け身になっていて、もうポゼッションすることすらできない。

24分ベルギーが決定的な場面を作る。
ゴール前でルカクと吉田が一対一になり、吉田が転倒しルカクにシュートを打たれる寸前まで行くが守る。
非常に危ない場面だった。

25分ベルギーのボールポゼッションが続く。
日本はもう防戦一方。

25分やはり香川の動きが鈍くなってきている。
香川に入れようとしたボールで奪われるという形になった。

26分ベルギーに攻め込まれ続ける。
クリアもままならない。
クリアミスしたのは原口。
原口は運動量はあるが技術がおぼついていないような感じがする。

27分ずっとベルギーの猛攻を受けている。
力の差が歴然としてきた。

29分日本がちょっとボールポゼッションできるようになった。
乾のヘディングシュート。
しかしキーパーがキャッチ、そこからベルギーカウンター。
しかしこれも日本が防ぐ、そして日本ボールポゼッション。

32分香川の動きが戻ってきた。
ボールを丁寧に受けれるようになってきた。
ボールを受けれるポジションに移動する動きが出てきた。

34分日本も冷静で精度の高いカウンター。

36分日本は最終ラインと長谷部の何でもないパスミスから危ない場面。
長谷部が相手選手に付かれているのに最終ラインからパスが出てミスになった。

37分昌子がルカクとの一対一で、負けてはいないが勝ってもいない競り合い。
コーナーキックに逃げる。
ベルギー5本目のCK。

39分日本のカウンターに対するベルギーの対応は完璧だ。
柴崎が高い位置でボールを奪ったが、カウンターをさせないようにベルギーに対応された。
そしてボールを奪われた柴崎が、無理にベルギーのカウンターを止めてイエローカードをもらう。

42分取られてしまう事に対して勇気がなかったのか。
出すところがないのは当たり前なのだから、やはりそれでも大迫を信じて出すべきなのではないのか。
確実に通るロング縦パスしか出せないと言うのであれば、攻撃が難しくなる。

パスを出すところがないと言うが当たり前である。
特に自陣で攻められている時はある程度スペースに出して大迫に走ってもらうという事があってもいいのではないのか。
グループステージ1戦2戦でロングパスの精度が高く、カウンターの精度も高かったから、精度の高いカウンターしか出せなくなってしまっているのか。

コロンビア戦の一点目のPKにつながる場面は、香川からのクリアに似た精度の低いボールを、大迫が何とかして、相手のミスも手伝ってPKと相手選手の退場までもっていったのだから。
精度を上げることは必要だが、自陣で攻撃を受けている時の縦パスはもう少しアバウトでもいいはずだ。

前半終了0対0。

香川は出場した3試合で一番いい出来だった。
チームの司令塔という感じがする。

後半

2分香川が左に流れて中央右よりの前に入れ替わった柴崎がパスを受け、そこから右サイド原口へ絶妙のスルーパス。
原口はペナルティエリア内でシュートフェイントを入れてシュート、ゴール、日本先制

ベルギーから先制した。

しかし冷静に考えれば日本が点を取った時間は早すぎたのかもしれない。
もっと遅い時間なら守りきれたかもしれないが、ベルギーの猛攻を受けることになる。

3分アザールの決定的なシュートがポストに当たる。

7分PA(ペナルティエリア)外中央で香川から乾へパス、乾がシュート、ゴール、日本2点目
香川と乾の連携でまたも乾ゴール。

8分ルカクに動きが少ない。

9分ベルギーの守備体制が崩れて中盤にスペースがたくさんある。
ベルギーのフォーメーションがバラバラになっている。

11分日本は変な取られ方をしてシュートまで持っていかれる。
ここで問題なのがコロンビア戦と同じで、なぜ2点リードしたのにボールポゼッションしないのだろう。
パスを回してポゼッションすれば、それこそが日本の得意な安全なところでパスを回すサッカーなのに。
コロンビア戦でも一点取った後に無意味に縦にボールを入れて奪われて結局失点している。
ここでこそ日本のポゼッションを真価が問われるところだ。

13分2点目を奪った時点で本田、酒井高徳、山口がウォーミングアップを始めた。
さすが西野監督、準備がいい。

13分ベルギーの守備がひどい。
守備の体形が崩れたまま。
取られても守備をするというより、誰かがボールを取れ、俺は攻めの準備をする、というような感じになっている。

15分ベルギーが攻め手を欠いている。
やはり奪われた後の日本のカウンターを恐れているのだろう。

16分ベルギーの決定的な場面。
しかしルカクは外す。

18分日本のカウンター酒井が右サイドを突破。
日本の決定的場面をベルギーGKが防ぐ。

19分ベルギー選手交替。
長身の選手を入れてきた。
日本は難しいところだ。
勝っているのだから、このメンバーを替えるというのは非常に難しい。

24分ベルギーがこぼれ球をヘディングで折り返すように見せてそのまま日本ゴールへ、失点、日本2-1。
PA内ベルギーの左から中途半端なヘディングのボールが入ってしまった。

26分またも香川がいいプレーを見せた。
今日の香川は素晴らしい。

26分ベルギーの守備はもう攻撃のことしか考えていないようで、まともに守備をしていない。

27分日本のCKから決定的なカウンターを受けたが、ギリギリで抑え守り切った。

28分CKのこぼれ球を左サイドからアザールに上げられ、ヘディングシュートを決められる、2失点目、2-2の同点。
西野監督は手を打ち損なったのか。
同点になってからでは厳しい。
ベルギーのペースになってきた。

30分日本がチャンスを作るが守り切られる。
同点になっても西野監督は動かない延長戦の事を考えているのだろうか、今のままでは厳しい。

31分日本はまたチャンスを作る。
香川が積極的に絡んでチャンスを作っている。
今日の香川は素晴らしい。
やはり香川の調子が良すぎるので、本田を投入することに西野監督は躊躇しているのだろうか。

35分日本が動いた。
柴崎に替わって山口。
そして35分原口に替わって本田。
この手があった、香川を残しての本田起用。

FW大迫
MF乾 香川 本田
MF長谷部 山口

本田の守備面のフォローを守備的な山口にやらせながら一点を取りに行く作戦か。
さすが西野監督の攻撃的采配は素晴らしい。

38分左サイドに本田、香川、乾、長友が集中し決定的場面を作る。

40分決定的場面をGK川島が防ぐ。
ベルギーの高さの攻撃は脅威だ。

47分ロスタイム本田の無回転FKもベルギーGKに阻まれCKに。

48分日本のCKからベルギーにカウンターを受けて、3失点目、日本2-3に。
力尽きたか。

試合終了。日本2-3ベルギー。

次の記事を書くチカラになりますので、1つづつ3つの応援よろしくお願いします。

ご覧いただいてありがとうございます。