日本代表2-2セネガル代表・勝ちに等しい内容

2018年6月24日ロシアワールドカップ・グループステージ・グループH第2節日本代表2-2セネガル代表。常に先行される試合をしぶとく追いついて、勝に等しい内容で引き分けに持ち込んだ。その試合内容の詳細記録。

前半

試合開始、セネガルが前から来ている。

開始すぐは日本のDFはほぼ一対一の状態で守っている。
セネガル4人に対して日本は4人。
日本はセネガルの開始早々の積極的な展開に戸惑ったのか。

2分香川が何でもないところで何でもない単純なミス。
スローインのリターンを長友にしっかり返せず相手スローにしてしまう。
技術的には日本のトップレベルなのに精神が弱いのか。

日本はロングボールを放り込んでからのセカンドボールを取りに行く。
ここがセネガルの弱点かもしれない。
サイト内リンク:セネガル戦の西野ジャパンの先発と守備的戦術の弊害 | サッカー日本代表考察
ファーストタッチのボールに対してセネガルは強いが、セカンドのこぼれ球を取るのは強くない様だ。

4分昌子のとこにボールが行くと安心する。
あのクリスティアーノロナウドを抑えた昌子なら、スピードで抜かれることはないだろうし、一対一で負けることもないだろし、当然ヘディングで負けることもない。
外部参考サイト:レアルを“本気”にさせた2ゴール、昌子「目つきが違った」 | ゲキサカ

日本は決定的に危ないというところはないが押されている。

6分香川が右サイドで中にカットインで二人かわす。
やはり本田も香川もサイドではボールをある程度持てるようだ。

11分長友のサイドを崩され、逆サイドまでクロスをあげられ、PA(ペナルティエリア)内右で原口のクリアは中途半端になって、PA内でフリーの相手にわたってシュートされる。
相手のシュートに川島は パンチングしたのだが、中途半端になって、そこにマネがいて、その足に当たって失点した。

長友のサイドが崩され逆サイドにあげられた事、原口のクリアが中途半端だった事、川島のパンチングが中途半端だった事、一つは崩され、二つの拙いプレイが連続して起こって失点した。

例えば欧州の代表選手がこのレベルのミスを連発するだろうか。
こんなレベルの低い失点を見ているとまだ日本はワールドカップ決勝トーナメントで戦えるレベルではないと思ってしまう。

14分予想通りトップ下の位置で香川が捕まる。

しかしコロンビア戦と違うのは香川がそのままボールを追いかけまわして取り返そうとする。

欧州の代表選手のプレーなら当たり前の光景だが、香川にとっては素晴らしいプレーだ。

15分香川と乾と長友で左サイドを崩し、最後は長谷部がミドルシュートと良い形が出来た。

16分またなんでもないトラップミスから相手にボールを渡す。

16分香川に入るボールがまたも取られる。
乾と大迫と原口が絡むといいプレーが出る。

19分香川と大迫のコンビネーションから左の乾にパスが出てドリブルでファールをもらう。

20分日本の縦へのロングパスがなぜかセネガル陣内中央に通る。
セネガルのロングパスに対する対応は本当に弱点になっている。

21分セネガルのカウンターを受ける。
セネガルの縦のカウンターはやはり早い。

27分中央から右サイドに抜けるようにポジションを取った香川に縦パスが入るが、それをキープする事はできない。
簡単に相手に取られ、タッチに逃げられてしまう。

30分日本は良い攻撃をしてるように見えるが、セネガルにとって危ないところまでいけているわけではない。
セネガルにとっての危ないゾーンからのシュートもないし、ペナルティエリアの外からのロングシュート一本だけ。

いい攻撃をしてる様だが、相手のプレッシャーの弱いところで、パスを回しているだけだ。
セネガルにとって危険なゾーンで点を取るために勝負しなければならない所では良い攻撃はできていない。
これがパスサッカーの悪いところで、点が入るところに侵入していなくても良い攻撃ができているように見えてしまう。

34分日本同点。
柴崎の縦一本から長友がPA内左でのトラップがちょっと大きくなったが、これが絶妙な間合いになって、セネガルDFが取りに行けず、長友がそのまま切り込むと見せて、乾とスイッチ。
乾がゴール右隅にシュート、同点ゴール。
PA内で乾が持つとやはり強い。

36分昌子がまたも相手を止めた。

38分吉田が入れ替わられる。
昌子の方が安定しているようだ。

39分香川パスが定まらない。
パスの精度が低い。
そのために長谷部が怪我をする。

43分香川の反則からFK(フリーキック)を取られる。
大島のトップ下を見てみたいと思ってしまう。

セネガルのFKで日本のディフェンスラインがオフサイドトラップをかけて、セネガルの6人ぐらいのフォワードがオフサイドにかかる。
精神的余裕もすごい。
吉田の不敵な笑みがかっこいい。

前半は互角以上の内容で1-1で終了。

後半

47分立ち上がりはセネガルがボールポゼッションし、日本陣内でプレイを続けている

48分昌子が初めてやられた。
ニアンに体を入れ替えられた。

50分酒井のトラップミス。
代表レベルでやらないだろうというようなトラップミスをやる。
技術的な問題ではない。
大舞台での精神力の強さを鍛えないといけない。
見習ってはいけないところが多いいが、そこは本田を見習うべきだ。

60分原口からのパスで右サイド前まで攻めこんだ柴崎の決定的なパスを大迫が一歩間に合わず空振り。
福田正博氏があれは足を振るのではなく、身体ごと押し込むべきだったと解説。
確かに大迫は足を振っていた。

それにしても柴崎はやはり凄い。

64分また縦一本のカウンターから乾が抜け出してシュート、惜しくもバーに当たる。

68分相手のトリッキーなフリーキックを柴崎が読んでいてカット。
ここでも柴崎は素晴らしい。

71分右サイド酒井と原口がマネに崩されて失点し、2対1に。

失点と同時に本田と香川が交替。
西野監督の絶妙のタイミング。
本田を入れる事でチーム全員を活気づけた。
本当にすごい采配だ。

75分原口と岡崎を交替で大迫と岡崎の2トップになり、4-4-2になって、本田が右サイドへ。
中盤のセンターに入った柴崎がゲームをより作れるようになる。
これも西野監督の絶妙な采配。

78分昌子からのグランダーの縦パスをPA外右の大迫が受け、クロスをセネガルGKと岡崎が接触、そのまま左に流れたボールをPA内左前から乾が折り返し、PA内右にいた本田がGKのいない代わりに2人のDFがいたゴールにシュートし、同点ゴール。

GKをつぶしてくれた岡崎のファインプレー。

本田のシュートを褒める解説者がいるが、あれが決めれなかったら代表選手失格。
あのシュートを決めた事よりも、あそこに動かずに待っていた本田の経験値が凄すぎる。
ワールドカップの大舞台でゴール前で、乾からボールが上がってくるかもしれない場面で、ボールによって行かず待っていられる精神の強さ。
香川にも見習ってもらいたい。

87分勝つ為に西野監督は最後の切り札宇佐美を投入。
天才といわれている宇佐美のワールドカップデビューだったが、良いところはなかった。

試合は2対2の同点のまま終了。

西野監督ごめんなさい

戦前の予想を裏切り、この試合日本は素晴らしいサッカーをした。

正直セネガルには負けると思っていたが、勝ちに等しい試合内容だった。

西野監督がここまで凄い指導者だとは思ってもみなかった。

田嶋会長が日本人監督で戦いたいと思っているらしいことも十分うなずける。

ただ田嶋会長のその手法は非常に問題があり、このまま決勝トーナメント進出しても日本サッカー協会として改善されなければならないと思っているが。

とにかくここは西野監督を過小評価(そのつもりは毛頭なかったのだが)していたような記事を書いた事に対して謝罪します。

西野監督ごめんなさい。

次の記事を書くチカラになりますので、1つづつ3つの応援よろしくお願いします。

ご覧いただいてありがとうございます。