日本代表0-1ポーランド代表・終盤負けているのに時間稼ぎ

6月28日ロシアワールドカップグループステージ・グループH日本代表0-1ポーランド代表。試合に負けた事よりもその終盤の戦い方に焦点があてられた。グループリーグ突破の為、負けているのに時間稼ぎをしたのは日本だった。

先発フォーメーション

先発はメディアが報じた通り6人変更になっていた。

FW岡崎 武藤
MF宇佐美 山口 柴崎 酒井高徳
DF長友 槙野 吉田 酒井宏樹
GK川島

ポーランドは3-4-3の攻撃的といっていいフォーメーション。

試合前

宇佐美の表情は硬い様に見える。

槙野は比較的表情が柔らかだ。

武藤に緊張感は感じられない。

酒井高徳も落ち着いているように見える。

セネガル戦コロンビア戦で見えたポーランドの弱点はスピードがないという事と細かい動きができないという事。

武藤と岡崎の2トップなら相手の裏を取るような早い動きができる。

監督同士が握手するシーンで西野監督は緊張していたように見えた。

前半

ポーランドは自陣引いて日本の縦へのロングパスを封じ、試合のペースをスローにしようとしている。

高い位置から取りに来ないポーランドに戸惑いを見せるような日本。

4分珍しく柴崎がボールを奪われカウンターを受ける。

7分日本は奪われても落ち着いている。
酒井高徳が右サイドの中盤にいるため守備が安定している

12分ポーランドやはりカウンターに弱いか、日本はポーランドのミスから簡単に崩す。

13分今のところポーランドの動きは鈍く、闘志も感じられない。

16分ポーランドはパス回しも雑。

23分山口に連動性がなく、守備が後追いになって、相手にスペースを与えてしまっている。

25分山口がどうも不安定だ。

29分日本の守備は4-4-2で安定していて、ポーランドがあまりやる気がなさそうなので失点する気配はないが、パスが回らず得点できるような気配もない。
ただ縦に長いボールでチャンスを作っているので、良いところに出れば得点の可能性もある。

32分ポーランドの決定機を川島がふせぐ。

30分宇佐美がいいシュートを打つ。
ようやく宇佐美らしいプレーが観れた。

36分ポーランドのカウンターを受けるが槙野がカット。

39分ポーランドの動きがなお悪くなってくる。
日本はノープレッシャーでボールを扱えるようになってきた。

ポーランドはほとんど動きがなく、日本は攻撃の時の連携が取れず、0-0で前半終了。

後半

1分後半開始すぐ負傷でうずくまった岡崎と大迫が交替。
岡崎は後半に入って相手との接触はなかった。
大迫と武藤とのツートップになる。

後半もポーランドはあまりやる気があるように見えない。

8分日本はカウンターのカウンターを受ける。
ポーランドのゆっくりしたペースに乗せられているような感もある。

9分山口が落ち着いてきた。

14分ポーランドのフリーキックから日本失点。
ゴール前でフリーになってしまっていた。

なぜ西野監督は動かないのか。
セネガル戦では失点の後すぐに本田を投入し、チームに失点による悪影響を感じさせることなくプレーさせた。
しかしこの試合では動かない。

18分宇佐美に替わって乾投入。
なぜ乾を投入したのか。

確かに実力的には本田より乾の方が上だ。

しかしカリスマ的要素と、それこそ「運」で考えれば本田だったのではないか。

コロンビア戦、セネガル戦がそうであったように、本田が入ることで他の選手たちにも点を取りに行くスイッチが入った。

こんな大舞台では技術よりも精神面の強さが求められる。

乾にチームの雰囲気や流れを変えるカリスマ性はない。

良い意味でも悪い意味でも雰囲気をがらりと変える事が出来るのは本田だ。

全ての采配が的中した西野監督だったが、この交替はミスだったのではなかったか。

30分頃からポーランド息を吹き返す。
パスもしっかり回っているし、試合を支配している。
日本は完全に受け身の体制を取らされている。

36分武藤に替えて長谷部投入。
ここから負けているにもかかわらず、日本の逃げ切り開始。

48分試合終了。
日本0-1ポーランドで負けたものの、別会場がコロンビア1-0セネガルとなったため、警告数の少なさで日本が決勝トーナメント進出。

終盤パス回しに驚愕の賛否両論

終盤のパス回しに賛否両論の意見があるという情報があった。

驚いた。

まだこんなことが賛否両論になってしまうのか。

確かにチケットを買ってスタジアムに来てくれているファンからしたら勝ってほしかっただろうし、勝つ為にファイトしてほしかっただろう。

しかし選手たちが必死に戦ってきたのはポーランドに勝つ為ではなく、ワールドカップでベスト16以上の成績を残すためだ。

予選通過が決まったら、試合終盤パスを回して時間を使うのは当たり前の事だ。

前後半で日本選手たちがあれだけ戦った姿を観れて、試合終盤10分間くらいのパス回しをみせられて、そんなに不満な事なのか。

やはり日本にはまだにわかサッカーファンが多く、コアなサッカーファンが少ないのだろう。

1試合だけで考えても、勝っている試合で試合の終盤に相手のコーナーアーク付近でボールをキープする。

当たり前の事だ。

但しこの話の前提は「予選通過が決まっていたら」の話だ。

これこそ大博打

この試合の先発が6人変更で西野監督大博打という見出しの記事があったが、選手の変更は博打ではない。

2試合戦った選手は疲労が重なっている。

西野監督はだれが出場しても戦えるチームという趣旨のコメントをしている。

そう考えれば酷暑のヴォルゴグラード・アリーナでより動ける選手を起用するのは理論的に説明がつく。

しかしこの終盤のパス回しは大博打もいいところだ。

悪い見方をすればとても消極的で、選手を信頼していない。

日本が勝っていたり、引分けならあれで良い。

しかし負けていて、セネガルがもし同点に追いついたら日本は予選敗退になるのだ。

そんな理論的に説明がつかない状況で、監督が一か八かの博打に出るとは、絶対あってはならない事だ。

得点できる試合だったか

この試合はポゼッションのパス回しを有効に使う事が出来無かった。

パス回し自体が何かを意図する為のものではなく、無意味な所での無意味なパス回しのように見えた。

裏への攻撃もコロンビア戦、セネガル戦と比べると精度を欠いた。

これはポーランドが対策していた為、裏へのロングパスが通らなかったのかもしれない。

後半は特に得点したポーランドがFIFAランク8位の力を目覚めさせ、日本には点を取れそうなムードはなかった。

6人変更したメンバーで監督として手の打ちようがなかった事も事実だ。

信頼関係

選手と監督に溝ができるのではないか。

ムードとして決勝トーナメント進出に対する喜びよりも、セネガルが同点に追いつけなかった事への安ど感になってしまっている。

そしてチームは世界各国から批判を受けている。

このムードでFIFAランク3位のベルギーと戦えるのか。

表向き選手の中には切り替えてしっかり戦うとメディアにコメントする選手もいるだろう。

選手の深層心理にこの試合で同点に追いつくことができないと監督に判断された不信感が残らなければいいが。

世界の批判

世界ではこの日本のサッカーを批判している。

外部参考サイト:「敗北を受け入れた」「ニシノ采配に唖然」日本の“フェアプレー”に世界が驚きと怒り【ロシアW杯】 | サッカーダイジェストWeb

記事の中で元北アイルランド代表監督のマイケル・オニール氏は英国BBCの中で次の試合で八つ裂きにされればいいとコメントしている。

英国BBC解説の元エバートンのレオン・オズマン氏はくそみたいだと批判している。

スペインAS紙は負けたのに喜ぶ日本人の姿は奇妙と掲載している。

ブラジルLance紙は無気力な日本はブーイングで試合を盛り上げたと皮肉を掲載している。

失敗に恐怖する文化

西野監督の博打は、点を取りに行って同点にして自力突破を目指すという博打ではなく、点を取りに行って2失点目を喫することを恐れる、つまり失敗を恐れる博打だった。

コロンビア戦、セネガル戦では、準備期間もない状況で、捨て身で戦い勝ち点をつかみ取った。

その取った勝ち点が惜しくなったのか、他力本願な博打を打った。

これも日本人監督の弱点か。

潜在意識の中に巣くう「トライするのではなく失敗に恐怖する」日本の文化なのだろう。

次の記事を書くチカラになりますので、1つづつ3つの応援よろしくお願いします。

ご覧いただいてありがとうございます。